小田急百合ヶ丘駅徒歩2分
電話:044-281-4081

ひろわたり眼科 川崎市麻生区 百合ヶ丘駅徒歩2分 学校で視力低下を指摘されたら。

弱視とは?(検査機器スポットビジョンスクリーナーを導入)

弱視とは、メガネやコンタクトレンズで矯正しても視力が出ない状態のことで、遠視、乱視、不同視、斜視などが原因となります。人間は、赤ちゃんの時の視力は0.02程度ですが徐々に物の色や形が分かるようになり、3~4歳くらいまでに1.0程度になります。
また、視力が発達できる時期は小学校低学年ごろに終了しますが、4歳以下で弱視治療を開始すれば、ほとんどの場合(約95%)が改善するといわれています。
スポットビジョンスクリーナーは低年齢(6か月~)のお子様も客観的に短時間でスクリーニング検査ができ、米国小児科学会の弱視スクリーニングガイドラインにも準拠しています。
(参考:川崎市では、3歳半検診でご自宅での視力測定により判定します)
スポットビジョンスクリーナーによるスクリーニング検査は、1、2分で完了する検査で、6か月以上の赤ちゃんから検査ができ、弱視の早期発見が可能となります。
なお、検査に伴う痛みや後遺症などの心配はありません。

スポットビジョンスクリーナー

生後6か月から斜視や弱視のスクリーニング検査で、1,2分で検査可能です

↑ PAGE TOP